初めて注文住宅を建てる方は必見!工務店の特徴やメリットそして選び方などを紹介!

当サイトでは初めて注文住宅を建てる方にとって必見の内容となる、工務店の特徴やメリットそして選び方などを紹介しています。
家づくりを依頼する先を探しているのなら、きっと参考になるはずです。
大手ハウスメーカーとはどんな違いがあるのかという疑問を持っている人向けに、役立つ情報もお伝えしています。
また設計や間取り、費用などのどこに注文住宅建築を依頼するメリットがあるのかという疑問の答えも解説しているサイトです。

初めて注文住宅を建てる方は必見!工務店の特徴やメリットそして選び方などを紹介!

初めて注文住宅を建てるために、工務店の利用を検討している人もいるのではないでしょうか。
工務店は地域に根差して営業をおこなっている住宅の建設業者です。
一般的に全国規模の大手住宅メーカーと比較すると、規模が小さいのが特徴です。
自由設計の度合いが高いことが多く、ユニークな家を建てられることもあります。
また土地選びも依頼できたり、アフターメンテナンスも任せられたりする安心感があるのが利用するメリットです。

工務店で注文住宅の工事を契約するには?契約前の準備から本契約までの流れを知ろう!

工務店で注文住宅の工事を契約する流れとしては、最初にサービスを利用する場所を決める段階からスタートします。
どこで工事をするのかを決めない限りは、注文住宅を建てることはできませんから、信頼できる業者を探すのが大切です。
業者によっては悪徳な所も少なからず存在するので料金だけでなく、過去の実績についても調べていかないといけません。
実績を調べることで欠陥住宅を建てられるリスクを減らすことができますから、実際に建てられた後に後悔をする可能性も下がる筈です。
各自で依頼をしたい工務店を見つけることができれば、問い合わせをして相談をする流れになります。
話し合いをしていく中でどのような住宅にするのかを決めていくことになり、その段階で見積もりも出されると考えられます。
見積もりまでは無料で対応してくれるケースも多いので、納得をした段階で住宅ローンなどの話し合いも進んでいき工務店側との本契約に突入することになる筈です。
住宅ローンには審査があるので、しっかり審査にクリアできるように準備をしておくのも大切になります。

工務店で注文住宅を契約した後のスケジュールはどうなる?着工から竣工までチェック!

一戸建ての家を購入することを希望している人の中には、一生に一度の買い物なので住み心地の良い家を希望して注文住宅の家が良い考えている人がけっこういます。
既に出来上がった家ではなく初期の段階から関わることができるので後で後悔することなく暮らすことができますが、この場合には注意すべきことが色々あります。
最も注意すべき点は工務店で注文住宅を契約した後のスケジュールで、着工から竣工までに関して詳しく知っておくことが大切です。
まず最初に行うのが工務店と家づくりの計画をすることで、その後に比較検討や契約関連に関する話をして最終的に着工までの打ち合わせをすることになります。
そして工事を行い完成したら受け渡しとなりますが、一番長くかかるのは工事期間で3ヶ月から長い場合で6か月ほど時間を要することもあります。
ですので話し合いを始めてから建物が完成して受け渡しが行われるまで半年から1年程かかるので、この間のスケジュールに関しては初期の段階で工務店とよく話し合っておいた方が良いです。

工務店選びは複数の見積りを比較する!その際のポイントとは?

工務店を選ぶ際には見積りを取って比較することも大切になります。
数ある工務店から数社にまで絞ることが出来れば、各社に見積りの作成を依頼して比べたうえで最終的な決定をするとより良い相手を選ぶことが可能です。
比較の際にはどうしてもトータルの費用に目が行ってしまいますが、見逃してはいけないポイントは他にもあります。
各項目ごとの価格はトータル価格と並んで重要なことです。
その費用を比べていくことが大切なポイントになります。
分け方が全ての工務店で共通しているわけではないので注意が必要です。
それぞれの会社ごとの項目を抽出して独自の表を作成します。
簡単な作業で終わらない場合もあり、時間がかかる根気が要る作業です。
会社ごとに表が出来れば後は比べるだけです。
それぞれの項目ごとに複数の工務店を並べた表を作成すれば一目瞭然の表に仕上がります。
これで項目ごとにかかる費用とトータルの費用をそれぞれ比べることが簡単に出来て選びやすくなります。

工務店の見積もりに納得できない?まず工事費の範囲と仕様明細の項目を確認する!

注文住宅を建てる際、工務店から見積もりをもらうことがあります。
この見積もりの確認の際に納得が出来ない場合や、高額過ぎる箇所を発見した場合はどうするべきでしょうか。
まず、見積書の工事費の範囲を確認することを最初に行うべきです。
工事費の「本体工事費」は家そのものを建てるための工事費用となります。
これと合わせて仕様明細の部分もチェックするべきポイントです。
仕様明細は「本体工事費」以外の他の部分の費用となりますから、この部分が正しく表記されているかが見積書の正確性を表しています。
工務店の見積書の中でも、仕様明細が丁寧に書き込まれている業者は優良な工務店と言えます。
予算がオーバーしている場合は、相談しどの部分を削減するかを検討することが大切です。
ただし仕様明細がその他で埋められているような工務店の場合は注意したいところと言えます。
雑費として計上することで費用をアップするケースも存在するためです。
出来るだけどの部分にお金が使われるのかを、正確に把握することが大切なポイントと言えます。

筆者:岩城秀之

筆者プロフィール

茨城県つくば市生まれ。
長年工務店に勤めていた経験から記事を書いています。
つくば市の工務店はここ!